福岡県は全国でも歯医者数が多い県で、その中心地である博多には多くの歯医者があります。

通う歯医者によって治療費が異なると言うことは、保険適用内の治療においてはありません。

病院と同じように、国民健康保険に加入している人においては、歯医者での負担額は3割と決められており、治療をして悪くなった歯を噛める状態へと戻すことが目的であることから、どの歯医者にいっても同じ費用となっているのです。

しかしながら、保険適用外の治療や自由診療となると、話は別です。

主な保険適用外の治療に当てはまるのは、悪い歯を治療するということ以外の見た目や噛む機能の向上といったもで、患者は治療費を全額負担することになります。

このような治療は、それぞれの歯医者が独自に決めた治療方法を取り入れていること多いので、負担額が歯医者によって異なる場合が多いのです。

特に、矯正歯科や審美歯科を行なっている歯医者においては、一般歯科と比べて、治療費に大きな開きがみられるようですから、納得がいくまで、数件の歯医者で採用されている治療方法を比較するのが賢明でしょう。

博多の歯医者にもこれらの特別分野の治療を得意とする歯医者が多数あります。

この点においては、歯医者数が多い福岡県の中心地の博多は、患者側に大きなメリットがあるといえます。

一昔前までは、インレーと呼ばれる歯の詰め物、そしてクラウンと呼ばれている歯のかぶせ物に使用されている素材は、銀色の金属が主流でした。

この素材は保険適用内であることから、数千円と安い費用で虫歯の治療を行うことができました。

しかし、最近では、仕上がりの美しさや性能を重視する傾向が高く、費用が数万円から10万円前後かかる保険適用外のセラミック素材を選ぶ人も多くいるようです。

記事RANKING

MENU